09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/24(Tue)

大聖堂     [小川山・デヴィルズタワー岩峰群・11c/d]



climber : MAI-chan


1P目を登るMAIちゃん


下から見ていると、小さなMAIちゃんが
圧倒的な岩の巨人に挑んでいるようで、
ビレイ中にもかかわらず、ついシャッターをきってしまいました


2P目の取りつきに立つと、
その迫力はハンパじゃありません
写真では伝わりきらないけど、これほど威圧的なルートはないかもしれない

まだ2日しかたってないのに、もう一度登りたくてウズウズしちゃってます



キャメは赤と緑がメイン
でかいのは青キャメ1コ、小さいのは黄色エイリアンまで使ったかな?


なんにせよ最大のポイントは・・・

右半身のどこかしらを壁に押しつけることを
常に最優先する



それこそ一手一手伸ばすごとに、なるべく楽な体勢を作って、決して焦らない
スリップさえ気をつければ、大ピンチに追い込まれることはないように思います



核心は中間部、クラックの中に縦長のフレークがはさまってるところ
ハンドとハンドの間隔が遠いです

でも確か・・・フレークの根本に効きのよい左手フィンガーがあったような(うろ覚え)



核心直後のシンハンド帯


終了点直下



グレードについても一言


なんせトポ上は「11c/d」
かなりの覚悟をもって取りついたものの、
実のところ、ハッキリした核心をあまり感じないまま「終わっちゃった?」という感じでした
手が薄い人とは、よほど相性が良いみたいです
とはいえ、グレードはやはり甘めかもしれません


いずれにしても・・・

2時間以上のアプローチ
圧倒的な迫力
なにより、終了点からのとてつもない絶景


ちょっとやそっとじゃ得られない無上の達成感 マジ最高!です


  ( ̄∇ ̄)ヒャッホーイ♪


嗚呼 絶景哉



01:09  |  クラックルート名鑑  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

●改めて、おめでとう!

フレークに、効きのよいフィンガーあったよ。
ステミングじゃつかれちゃうから、やっぱり腰とかお尻とか、
壁に押しつけてもたれて休みながら登るのがいいね。

ホント、めちゃいいルートでしたi-233
MAI | 2010.08.25(水) 07:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://crackclimbing.blog27.fc2.com/tb.php/33-7768018a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。